教室と時間割を超えた学びに参加してみませんか?

string(6) "report"

ヤマザキマリさんのオンライン講演会「違いを楽しみながら生きる」が開催されました

親子セミナー・講演会

2021年9月17日@オンライン

世界様々な場所に暮らすヤマザキマリさんが、海外生活で学んでこられたご経験、ご自身の子育てのお話、お母様とのエピソードを含めながら、これからの社会を面白く生き抜くための新しい視点をお話しくださいました。

「日本の社会環境だけで生きていくには窮屈さを感じる人も少なくないと思います。日本で価値観の多様性が形成されにくかったのは、多様な人種が陸続きで混在する可能性の強い大陸と違い、島国という地理的な要因も大きいかもしれない。調和が重視される社会において、足並みを乱す人がいるとうまくいかなくなる、という不安が芽生えやすい。地理的にはたとえ島国ではあっても、これだけ情報のグローバリズム化が進めば、価値観の物差しもそれぞれ違ってきます。とにかくまずは「普通はこう」という『予定調和』というタガを取るところからでしょう」と語られます。

自分の子育ての体験からも、「自分が生きてるのは見えている範囲だけじゃない」「私はうちの子どもに理想や希望を託したことはありません。ただでさえ大変な人間社会というジャングルの中で生きていかねばならないわけですから、“大変だけれど楽しいこともあるよ”ということだけを教えようとしてきました。」「自分が他の人と違っていても毅然とする」「失敗や挫折や屈辱。こうした負のこれは免疫力になるから。」など近くの大人が「人生は大変だけど、同じくらい楽しめるということを伝えることが大切」と温かいメッセージを送ってくださいました。

子どもたちや保護者の方々は、それぞれの生き方を追求するヒントと勇気をもらい、違いを楽しみながら生きていくことを一緒に考える時間となりました。

ヤマザキマリ氏プロフィール
漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。1967年東京生まれ。
84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。比較文学研究者のイタリア人との結婚を機にエジプト、シリア、ポルトガル、アメリカなどの国々に暮らす。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。2015 年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。

概要

日時 2021年9月17日 19:00〜20:30
渋谷区からの参加者 38名

ページの先頭へ